ソーシャルメディア

2015/09/10

9月になり涼しくなってきましたね^^

皆様どうお過ごしでしょうか?

猛暑日が続いた今年の夏!!

鉄筋人の現場ではどうなのかなと今年の8月ご協力して頂き、現場の温度・湿度を測ることができました。

ここでその中の3つをご紹介したいと思います。

※熱中症予防のための指標/暑さ指標の「WBGT」をもとにだした4段階

「注意」→「警戒」→「厳重警戒」→「危険」の危険度とともにご紹介します。

※WBGTは温度と湿度の関係性をもとに指...

2015/08/21

2015年10月17日(土)

第1回◎全国鉄筋技能大会◎が開催されます^^パチパチパチ

全鉄筋設立50周年を記念しました事業の一環で

全国で地区予選がありその優勝者たちが集まって競い合います。

まさに鉄筋人の集まり!!!ワクワクしますね♪^^

第1回大会は静岡県富士教育訓練センターで行われます。

美しさと正確さを競う大会!NO.1は誰の手に☆☆

栄光マシーンセンター(株)も協賛しております^^

皆様のご健闘をお祈...

2015/06/22

日本で鉄筋屋さんといえばハッカー

鉄筋をハッカーで1箇所1箇所くるくるっと結束して出来上がり!!

すばやく2秒で、まさに職人技です。

ですが、欧米ではなんと!!!ペンチで結束しているんです。

結束線もコイル状でやや太め、手のひらサイズ。

くるくるっと結束してパチッと切って出来上がり!!

ペンチで結束なんてなかなかの器用ですね^^

また、おなじみのMAXの結束機は日本のみならず

世界各国で使われているそうですよ。

日本の技術も...

2015/06/06

はじめ「空気が読めない」という意味だと思いました。

が、建設現場では違いました!!

「危険予知」という意味で1973年から使われ始めたそうです。

これはKY活動とも呼ばれ建設現場では毎日行われています。

現場で働く方々は機械を扱ったり高い所に行ったりするため危険が潜んでいます。

それらを明らかにするため、自らあらかじめ危険を予測しようというもの。

見慣れた現場・作業であっても大事なことなんですね。

事故や災害を防ぐための...

2013/07/08

ボイドスラブ工法とは、写真のように床スラブの内部に鋼管(ボイド管)・発泡材などを埋め込み、中空にして通常のスラブ厚より厚くする工法のこと。スラブ自体の剛性、強度のアップ。遮音性、断熱性能にも優れると言われています。床自体が梁の役目を果たし小梁がなくなりすっきりとした居住空間にすることができます。

2013/03/08

1850年フランス人ランボーによる針金をボート状に組みモルタルを塗ったのが鉄筋工事の始まりとされています。日本においては明治37年 (1904年) 佐世保海軍工内にある壁式構造のポンプ場だとされています。(出店「鉄筋最前線豊島光夫著)写真は、現存する日本最古の鉄筋コンクリート建築物、大正5年 (1916年) に建築された軍艦島にある7階建てアパート30号棟です。

2012/07/27

写真は住宅の基礎、コンクリートの中には、このようにキレイに配列された鉄筋が入っています。以下ウィキペディアより、、、異形鉄筋は、鉄筋コンクリート構造をはじめとする鉄骨鉄筋コンクリートこうぞう、鉄骨造の基礎部分、ブロック構造の補強など、コンクリートやモルタルを用いる建造物や構造物で用いられる。

異形鉄筋はコンクリートやモルタルの付着性を高め、卑近気力に抵抗する力を増すために、表面に凹凸状のリブを設けている。リブ...

2012/07/26

ラーメン構造のラーメンはドイツ語「rahmen」のことでフレームという意味☆

2012/07/25

【reinforced concrete】・・・鉄筋コンクリート

ちなみに「S造」は【steel】・・・鋼造 (鉄骨造)

「SRC」は【steel reinforced concrete】・・・鉄骨鉄筋コンクリート造

「WRC」は、ラリーではなく(笑)この業界では

【wall reinforced concerete】・・・壁式鉄筋コンクリート造

「ゼネコン」は【General Contractor】・・・総合建設業

...

Please reload

  • Facebook Basic Square
タグから検索
アーカイブ
Please reload

応援

1/9
Please reload