鉄筋業界にもロボットが、?!!


清水建設株式会社とアクティブリンク株式会社、株式会社エスシー・マシナリーが「配筋アシストロボ」を共同開発したと発表しました。

配筋アシストロボは人間の右腕機能をロボット化しており、ロボットの操作もクレーンゲームのような感覚で、配筋作業をしたことがない人でも操作は可能だそうです。

このロボットを使うことで200kg級の鉄筋を配筋するのに通常6〜7人必要だったのが、3人で行うことができます。

鉄筋業界にロボット参入とあって可能性、夢が広がります^^♪

今後この業界にも訪れるかもしれない人間とロボットの共存、危険性を踏まえた上で、うまく共存していきたいですね☆!!

参考文献:「建通新聞」「日経テクノロジー」

特集記事