応援

 

鉄筋工事独特の仕組み「応援」。

私がこの業界に入った時、その仕組みに驚きました。

 

一つの建物が完成するまでに基礎→床→柱→壁と順番に行っていくのですが、

部位ごとに作業に必要な人数が異なり、3人の時もあれば、30人必要な時もある。そんな現場が沢山あり、重なることもあるので、1社で常時必要な職人を確保する事は不可能です。

そこで、会社同士助け合いのネットワーク、それが「応援」です。

毎日のように「明日10人応援欲しい」「5人空いてるけど、応援行こうか?」といったやりとりが、日常的に行われています。

鉄筋工事は、ほとんどが人力ですので1人で何人分もの仕事をする事は出来ません。そこでどれだけ人を集めることができるか?が重要になるのですが、人が集まる会社と集まらない会社があります。多少お金の高い安いはありますが、確実にそこには感情があります。「あの人のためなら」「あの時助けられたから」義理と人情の世界がそこにはあります。利益最優先、合理的に物事を進めるあまり、失ってしまった大切なものがこの業界にはまだまだしっかりと生きています。

 

Please reload

特集記事

応援

1/29
Please reload

最新記事
Please reload

  • Facebook Basic Square
ソーシャルメディア
タグから検索

© 2012 tekkinjin.com