ソーシャルメディア

2013/07/08

ボイドスラブ工法とは、写真のように床スラブの内部に鋼管(ボイド管)・発泡材などを埋め込み、中空にして通常のスラブ厚より厚くする工法のこと。スラブ自体の剛性、強度のアップ。遮音性、断熱性能にも優れると言われています。床自体が梁の役目を果たし小梁がなくなりすっきりとした居住空間にすることができます。

Please reload

  • Facebook Basic Square
タグから検索
アーカイブ
Please reload

応援

1/9
Please reload

Please reload

 
 
 

© 2012 tekkinjin.com